NEWS(ジャニーズ)

【ライブレポ】NEWS LIVE TOUR 2020 STORY とにかく泣いた。

ここに辿りついたNEWS

でもその道のりはとてもとても険しかった。

STORYはNEWSのアルバム「NEVERLAND」「EPCOTIA」「WORLDISTA」に続く4部作の完結となるもの。そんな完結作のツアーだったのだが、2020年に予定していた日程がすべて中止になり、手越さんが脱退。さらに2020年12月に開催される予定だったオンライン配信が小山さんと加藤さんのコロナ感染により中止となってしまった。

そんなツアーが5/23(日)、ついにオーラスを迎えることができた。

STORYからの新規ファンの私は3/31の大阪城ホールに参戦したのですが、今日のオーラス公演もオンラインで参戦しました。

オンラインでの参戦はセトリや感じたことをメモしながら見ることができたので、私の独断と偏見ではありますが、感想を綴っていきたいと思います。

オープニング~序盤

オープニング映像のアニメーションは4人のまま。

このSTORYは手越さんが居た時に作られたものから大幅な変更が加えられずに、できるだけそのままでやるんだな。と感じさせるオープニングだった。手越さんが「STORY」はやり遂げたかったと言っていた姿が頭をよぎる。

オープニング映像が終わり、まっすー・小山さん・加藤ヒゲアキ(笑)さんが客席から登場。

大阪城ホールで参戦してた時は気づかなかったが、登場時はメンバーのみんながフェイスシールドをしていることに気づく。

1曲目の「STORY」が始まる。

ここに辿りついたNEWS。

あぁ、始まってしまった。ずっと楽しみにしてきたライブが始まってしまった。ライブの終わりの始まり。4部作の完結の始まり。ジレンマを感じつつ歓喜に浸る。

「SUPERSTAR」「トップガン」「SEVEN」とスタートダッシュをたたみかけていく。

「SUPERSTAR」は手越さんフィーチャー曲なイメージが強かったので、一番歌割が気になっていた曲だったのだが、サビは全員で落ちサビは加藤さんだった。手越さんが居ないということを感じさせない歌唱だった。

ヒゲアキがワイルドでかっこよすぎる。小山さんスタイル良すぎ。「慶ちゃん股下2メートルある」っていうツイートしている人が居て楽しかった。でもちょっと喉やられている?ますラップ最高。まっすー髪色戻っててそれもまた良い。

あとレポとは全然関係ないが、「SEVEN」のサビの「4+7」の部分をずっと「ポセイドン」だと思っていた。

曲中のメンバー挨拶、「声が出せない分、心ふるわせていこうぜ!」という加藤さんが初日で言ったフレーズを大阪公演ではまっすーが盗んでいたのだが、オーラスでは加藤さんが取り戻していたようで安心した(笑)

中盤

マスダが少年を助けるアニメーション。ファンはペンライトを振ってマスダを助ける。

「生きろ」はイントロがかかった瞬間に泣きそうになる。音楽の日で3人になってから初めて歌った時はどこか必死さを感じたが、今回の「生きろ」は少し余裕を持ってこちらに届けてくれたように感じた。まっすーの落ちサビの「仲間」のところで加藤さんと小山さんを見るところが個人的に好き。

「Perfect Lover」のサビの「これまでも ずっとこれからも」が個人的に好き。そして最後の指ハートなんなん可愛すぎるやろ。

「U R not alone」も聞くと泣きそうになる大好きな曲。smile upのライブでは、落ちサビの手越さんパートを誰も歌わなかった。あの時の3人の表情が忘れられない。今回はその部分をまっすーが歌った。

今回は3人とも楽しそうに歌っていた。特に2番の小山さん+まっすー、加藤さん+まっすーのわちゃわちゃなんなん可愛すぎる。

まっすーのソロ「戀」、カトウのアニメーション、加藤さんのソロ「Narrative」と続いていく。

「チャンカパーナ」は2番はjrが歌うという企画。

手越さんのパート「美しい恋にするよ」のセリフは加藤さんが2回言う形。

最後の「チャンカパーナーーーー」はまっすーが伸ばしまくって、声が会場を一周して戻ってくる(笑)。このjrが歌っちゃってる演出は全公演やったの?(笑)

ここでJrとのトーク&次の曲のダンスをレクチャー。

「君の言葉に笑みを」の最後の『えっと、えっと、シゲと小山とずっと一緒に歌っていたい!』って言うまっすーなんなん可愛すぎやろ。

小山さん「何それ超素敵じゃん。まっすーしか勝たんw」

加藤さんのダブルピースであふれる多幸感。

MC

このツアーお馴染みのやりとり

まっすー「今から楽しいMCするから笑ったらだめだよー!」

加藤さん「拍手でも分かるわ。はいはいって言ってる(笑)」

ファンは拍手で気持ちを伝える技を習得したようだ(笑)。

まっすーがスタッフへTシャツを作ってプレゼントしたという話。

もしかしたらファン向けにも販売するかもしれないとのこと。

スタッフ用のTシャツにはシリアルナンバーが付いているらしいのだが、ファン向けにはファンクラブの会員番号を付けて欲しいわ。絶対無理だろうけど。ファンの転売防止になると思うのだけどな。

あとここで新曲リリースのネタバレでコンサート後すぐにファンクラブメールが届くという事象が起きた(笑)

加藤さん「ばーんがりりーすごにょごにょ・・・・」

小山さん「まっすー今加藤さんなんて言ったの?」

まっすー「BURNがリリースされるって(はっきり)」

・・・

加藤さん「いつ出るの?」

小山さん「6月!」

加藤さん「何日?」

小山さん「30日」

後半

コヤマが老人を助けるという物語のアニメーションからスタート。

「Stay With ME」「何度でも」「Silent Love」「Love Story」小山さんソロの「STAY ALIVE」と続く。スーツのような衣装が格好いい。手越さんのパートは3人にまんべんなく振られている印象。「Stay With ME」序盤の小山さんの裏声がとても良かった。でもやっぱり声出すの辛そうな感じ。個人的には「Silent Love」のダンスが好き。

最後のアニメーションはテゴシの物語になるはずだったであろう「ある男」の物語。きっとこの後に手越さんのソロ「プロポーズ」に続く予定だったのだろうな。でも全体の構成をできるだけそのままにしたくて、あえてこのアニメーションを作り直さずに「ある男」として残したんだろうな。鳥が3人に地図を渡し、彼は戻ってこないことを伝えるくだりが泣けた。

「Dragonism」では花道の片方に小山さんと加藤さん。反対側の花道にまっすーという立ち位置があり、まっすーの隣が手越さんの立ち位置だったんだろうなと思う箇所があった。

「夜よ踊れ」「FIGHTERS.COM」「エス」はシゲ無双。手越さんの高音パートがほぼ加藤さんに引き継がれており、見事に歌い切った。すごい。シゲしか勝たん(笑)

4つの地図のピースが集まり、地図が完成する。

「4+FAN」「希望~Yell~」と多幸感あふれる演出が続き、jr紹介の後に「クローバー」作成時の打合せの映像が流れる。きっと4人でしていた打合せだと思うのだが、うまいこと3人の話で成り立つように作られていた。メンバーの目線で4人居るんだろうなと思うくらい。編集の技術がすごい。

「クローバー」の手越さんパートはsmile upの時と同じく移動の時間となっていた。声が出せたらファンが歌うのに。ファンは拍手とペンライトを振るしかできない。小山さんが口ずさんでいた場面を見て泣きそうになる。

ここで4部作のリード曲をメドレーで歌う。「NEVERLAND」「EPCOTIA」「WORLDISTA」「STORY」ともう一度「STORY」まで歌ってくれる。「NEVERLAND」からのファンの方は感動ひとしおなんだろうなぁ。

エンディング

最後のメンバー挨拶。まっすーがこの4部作にかけた想いを話していて泣いてしまう。楽屋での雑談から始まった企画が大きくなり、スタッフさんやファンの皆さんと作り上げてきた4部作。完結できて安心したと言って泣く。

それを優しい表情で見守る加藤さん。そんな加藤さんのコメントには感動した。たしかに今のNEWSはかっこいい。「まだまだいけるっしょ」の「まだまだ」はいらない。普通にめっちゃかっこいいしイケてる。小説には「完」と書くが、今回のSTORYは書けない。これからも続いていくSTORYを見続けていきたいと思った。

そして小山さんは喉を痛めていたのだと告白する。時々苦しそうな場面はあったものの、明確に歌えないという様子はなかったので、メンバー二人に支えられながらも歌い切った小山さんはプロだと感じた。

小山さんが最後の曲の振りをするが、曲は始まらず、ファンが歌う「NEW STORY」の映像とファンからのコメントが流れる。今回のツアーで会場にファンの声が響いたのはこれが最初で最後だったと思う。これはファンからのサプライズで私も参加したのだが、Twitterで検索してみても、一切このサプライズに関するツイートがされていなかった。NEWSのファンの人はすごいなぁと思った。

ファンの歌唱映像やメッセージを見つめるメンバー。みんな泣きながらもしっかりと画面を見つめる。私たちの思いを受け取ろうとしてくれている。メンバーも泣いていたが画面越しに見ていた私も泣いていた。会場にいたファンの皆さんやオンラインで見ていたファンの皆さんも泣いていたのではないだろうか。この瞬間を見ることができて本当に良かった。

ファンへのサプライズの呼びかけからこの日まであまり日数がなかったのに、こんなに編集が大変そうなことを発案し実施してくださったスタッフの方のNEWSへの愛があふれる企画だった。

映像が終わってしばらく何も言えないメンバーたち。

まっすー「ぼく歌えないよ・・・。小山つないで20分くらい」

小山さん「俺じゃないわシゲだわ」

まっすー「シゲいけ」

加藤さんが上手く話をまとめ、3人とも落ち着いて歌いだす。

「NEW STORY」。またひとつファンとNEWSにとって大切な歌が増えたのではないかなと思う。シゲが泣きながら歌っている姿がキレイだった。

まとめ

衣装はSTORYパーカーのダメージバージョンと、最後の4部作のワッペンがちりばめられた衣装が好きだった。jrの衣装までしっかり作りこまれていて、個人的にはEPCOTIAのパーカーで作られた衣装がかわいいなと思った。

コロナ渦での開催でファンは声が一切出せず、気持ちを伝える手段がペンライトと拍手しかなかったが、NEWSに会えたこととオンラインで参加できたことが本当に嬉しかった。

チケットに落選しないっていうのは素晴らしいことだと思う。今後コロナが明けて普通にコンサートができるようになってもオンライン配信は続けて欲しい。

NEWSとNEWSファンの2020年が終わり、2021年が始まった。これからのNEW STORYが楽しみだ。

サプライズ採用されたファンの方々おめでとうございます。短納期であのクオリティ素晴らしいです。最後に私から送ったNEWSへのメッセージをここでも書かせてもらう。

4部作の完結おめでとうございます。

NEWSを守ってくれてありがとう。

セトリ

1STORYalbum STORY
2SUPERSTARalbum STORY
3トップガンalbum STORY
4SEVENalbum STORY
~アニメーション(マスダの物語)~
5「生きろ」シングル
6Perfect Loveralbum STORY
7U R not alonealbum NEVERLAND
8戀(増田貴久ソロ)album STORY
~アニメーション(カトウの物語)~
9Narrative(加藤シゲアキソロ)album STORY
10チャンカパーナシングル
11君の言葉に笑みをalbum STORY
~MC~
~アニメーション(コヤマの物語)~
12Stay With MEalbum STORY
13何度でもalbum STORY
14Silent Lovealbum NEVERLAND
15Love Storyalbum STORY
16STAY ALIVE(小山慶一郎ソロ)album STORY
~アニメーション(ある男の物語)~
17Dragonismシングル「トップガン」
18夜よ踊れシングル「BLUE」
19FIGHTERS.COMalbum WORLDISTA
20エスalbum STORY
~アニメーション(地図完成)~
214+FANalbum NEWS
22希望~Yell~シングル
~jr紹介~
~クローバーの曲作り打合せの様子~
23クローバーalbum STORY
24メドレー
 ・NEVERLAND
 ・EPCOTIA
 ・WORLDISTA
 ・STORY
~最後の挨拶~
25NEW STORYalbum STORY

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA