闘病記・老犬介護

【愛犬の腎臓病闘病記】点滴が週3回に増えました

最近海(カイ)の食欲が落ち、食べない日々が続きました。

好き嫌いなのか、食欲がないのか分からないのですが、心なしか元気もなく病院で診てもらいました。

病院で血液検査をしてもらったところ、腎臓の数値が少し悪くなっているものの食欲が落ちるほどではないとのこと。

検査項目参考値11月12月
腎-BUN9.2 ~ 29.291.4↑121.5↑
腎-CRE0.4 ~ 1.42.13↑1.73↑
腎-IP1.9 ~ 5.03.64.1
Ca9.3 ~ 12.111.311.6
電解質Na141.0 ~ 152.0150.0151.0
電解質K3.8 ~ 5.05.04.3
電解質C1102.0 ~ 117.0108.0114.0

いつも検査している数値はそこまで悪くなかったので、SDMAという数値を測るとのことで、結果が出るまで数日待ちました。

この数日間は心配で気が気じゃなかったですが、いつも大きな病気かもしれませんと言われても、検査の結果そこまでではない海(カイ)のことなので、今回も大丈夫だろうと自分に言い聞かせて結果を聞きに行きました。

SDMAの数値は36で、基準値が0~14なので高いことには変わりないですが、食欲がなくなるとか、末期ではないとのことでした。

元々海(カイ)は下顎が短いため、老犬になってより食べづらくなったか、腎臓病の進行でより好き嫌いが進んだかのどちらかだそうです。

流動食になるかなと思ったのですが、先生が流動食は最終手段で自分で食べようとしているうちは今のまま頑張りましょうとおっしゃったので、食欲増進剤を使いつつこれまで通り頑張ってご飯を食べさせていくことに。

点滴は週二回から週三回に増えました。

ごはんちょーだい

ごはんちょーだいと言ってくるので、その時に食べそうなものを手で口に運びます。

海(カイ)の好きなチーズのおやつをあげてみたり、手作りのご飯を作ってみたりしていろいろ試行錯誤は続きそうですが、少しでも長く自分でご飯が食べられるよう頑張りたいと思います。

毎日一緒

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA