闘病記・老犬介護

【愛犬の腎臓病闘病記】1月の血液検査結果(数値が少し改善)

海(カイ)(16歳)の2022年1月の血液検査を行ってきました。

腎臓が悪く、2021年12月には肺水腫を患い、心臓のお薬も服用するようになりました。

入院中の海(カイ)

そんな中でも、1月の血液検査の結果は良好でした。心臓のエコーも撮ったけど、そっちの方も問題なしで一安心です。

2022年1月の血液検査結果

検査項目参考値2021年12月2022年1月
肝-ALB2.6 ~ 4.02.93.2
腎-BUN9.2 ~ 29.2118.0↑129.0↑
腎-CRE0.4 ~ 1.44.28↑2.80↑
腎-IP1.9 ~ 5.05.5↑5.4↑
Ca9.3 ~ 12.110.911.9
糖-GLU75 ~ 12812371↓
電解質Na141.0 ~ 152.0148.0151.0
電解質K3.8 ~ 5.04.75.1↑
電解質C1102.0 ~ 117.0106.0110.0
SDMA0.0 ~ 14.023.0↑38.0↑

赤色の数値が基準値オーバーです。「腎-CRE」の数値がグンと下がっているので、腎臓病のステージで言うと、Ⅲの末期から初期に状態が改善されたと先生から説明がありました。

12月くらいから、「SDMA」という数値も検査するようになりました。この数値も腎臓病のステージを判断するのに必要な項目だそうです。

体重は1.7~1.8kg

肺水腫のため入院したこともあり、体重は一時期1.7kgまで下がってしまいました。

食欲増進剤を1日1回、朝に飲ませることにしてなんとか1.8kgまで戻すことができています。

2022年1月の様子まとめ
  • 心臓の経過は良好
  • 腎臓の経過も良好
  • 食欲はなんとか良好

引き続き週3日の点滴をこなしつつ、飼い主もコロナにかからないよう気を付けて生活をしていきます!

毎日一緒

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA